読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にただの備忘録

気が付いたことを書き留めておきます。モタリケ。

血清Na値とCl値の差について

血清NaとClの差はなにを意味するのか

 

血清NaとClの差は下記の式で表され、通常36となる。

Na-Cl=AG+HCO3-

AG:12±2mEq/l

HCO3-:22〜26mEq/l

 

Na-Cl>36

HCO3-が増加する

代謝性アルカローシスまたは呼吸性アシドーシスの腎性代償が考えられる。

AGが増加する

有機酸の増加が大部分を占めるが、アルブミン増加やアルカレミア、電解質異常なども考えられる。AGは測定されない陰イオン(UC)と陽イオンUA)の差であり、陰イオンの増加または陽イオンの減少によりAGは増加する。

代謝性アシドーシスがある場合は、HCO3-が減少し血清NaとClの差は変化しない。

(AGが増加していても代謝性アシドーシスをきたさない場合がある)

 

Na-Cl<36

HCO3-が減少する

高Cl性代謝性アシドーシスや呼吸性アルカローシスの腎性代償が考えられる。

AGが減少する

アルブミンの低下、K・Ca・Mg・Li・Brの上昇が考えられる。